ショッピングカートを見る
売れ筋商品
商品検索
ショップ紹介

ミキ店長
震災後の大船渡を少しでも盛り上げようと、ぼんずプロジェクトを立ち上げ、同じく「ぼんずショップ from 大船渡」OPENいたしました。
フリーページ
rss atom

2014年4月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
が定休日です。
2014年5月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
が定休日です。

ぼんずプロジェクトってなんだろ?

是非、ぼんずプロジェクトを知ってください。

「大船渡って復興支援商品ないよな」 そんな一言からできました。  

大船渡津波復興支援

 「ぼんずプロジェクト」 2012年9月始動!!



2011年3月11日。 東日本大震災発生。


私たちの住む、岩手県大船渡市も大地震・大津波が襲い、

たくさんの尊い命が奪われ、たくさんの建物が倒壊しました。

あのとき瓦礫とよばれた物の中には、たくさんの思い出や大切なものが詰まっていたはず。


市町村にはそれぞれ、シンボルとなる木・花・鳥が存在します。

大船渡のシンボルとなる木は「松」・花は「椿」・鳥は「うみねこ」


あの大きな津波で、大船渡のシンボルであるたくさんの松並木も津波の威力に堪えることができず、

瓦礫と呼ばれるものとなりました。

震災から立ち上がる大船渡の象徴となるものを作りたい。

そんな中で聞いた、「大船渡って復興支援商品ないよね。」

という、一言から

「それなら、大船渡人として作ってみよう!!」

そうして始まったプロジェクトが、「ぼんずプロジェクト」です。

さて、ぼんずプロジェクトの「ぼんず」ってなに?

と、思われる方もいるでしょう。

このぼんずとは、震災後によく使われた

「絆」という言葉から作られた造語です。

「絆」を英語にすると「BONDS」

つながりを意味する言葉です。

この言葉をひらがなにするとこで、大船渡の方言「気仙語」の発音のようで

身近に感じていただけるのでは無いかと思い『ぼんずプロジェクト』と名づけました。

ぼんずプロジェクトでは、

大船渡市内で津波の影響により被災した松を使い、

復興支援商品として

はがき・しおり・名刺・メッセージカード

といったものを販売しており、

販売価格の10%を大船渡市の復興事業へと寄付することにしています。

目標は、大船渡市内の仮設住宅がなくなるその時まで、

「ぼんずプロジェクト」の名のもとに活動を続けて行く事です。

2013年2月19日  ¥260,000

2013年12月25日 ¥350,000

2回の合計で¥610,000を大船渡市の復興事業に寄付させていただくことができました。
(2回とも戸田大船渡市長に直接手渡しをして来ております)

リアルタイムの寄付金集計金額は、ぼんずプロジェクト企画元タケノ文具のブログ記事後半にて公表しております。

タケノ文具のブログ
「タケノ文具のよっしゃ!がんばっぺし!」


また、ぼんずプロジェクトでは、被災松再生商品を販売する過程で、

せっかくなら、一緒に大船渡の商品をPRしようと考え、

当ネットショップ上に『大船渡ぼんず商店街』というWEBの商店街を開いています。

なかなかインターネットで商品をPRできない個人店を中心にご参加いただいております。

ぜひ、それらの個人店のページもご覧いただき、大船渡の良いもの・うまいものをご購入ください。

また、当ネットショップにて販売している商品を中心とした大船渡の物産販売も承っております。




 
銀行振込・代金引換・クロネコwebコレクト
クロネコ宅急便・クロネコメール便